日曜洋画劇場の『ヤング・フランケンシュタイン』


今回選んだ作品は

日曜洋画劇場のヤング・フランケンシュタイン』

画像


解説は淀川長治さん


『ヤング・フランケンシュタイン』(原題: Young Frankenstein)は、1974年、アメリカのグルスコフ=ベンチャー・プロが製作したコメディ映画

監督 :メル・ブルックス
脚本:メル・ブルックス/ジーン・ワイルダー
出演者:ジーン・ワイルダー

と大好きなお二人の作品で
そしてそれに可愛いテリー・ガーさんが加わり

おまけに広川太一郎さんの吹替

当時の私には好きな物が全部入ったお子様ランチ(既に中学生でしたが)のような作品でした(^_-)

そんな映画を久しぶりに見ましたが、ヤッパリ面白い。

画像


画像


タイトル通り、フランケンシュタインに関わるお話し

画像


主役はこの方

画像


冒頭の教室のシーンで

生徒:「フランケンシュタイン先生」との呼びかけに

博士:「僕の姓の正しい発音はフロンコンスティン」

「医学における自分の業績ゆえに名前を記憶されたいと思っている」

なんてやりとりの後でおじいさんの事を変わり者扱いしてまあしたがf^_^;)

舞台は

画像


そして、博士の助手役はテリー・ガー

画像


馬車の荷台でご対面f^_^;)

その時に彼女(田島令子さん)の口ずさんだ歌?を今でも覚えています

博士:「いんがこんばんは」

彼女:「干し草の中で転がしっこしない?おっもっしろいわよ」

彼女:『回れ回れ干っし草のなっかで 回れ回れ干っし草のなっかで・・

画像


テリー・ガーもかわいいくて大満足な上に、彼女の吹替はバイオニック・ジェミーと同じく田島令子さんなんですよね。

画像


彼の存在も欠かせません

画像


アイゴール役の『マーティ・フェルドマン』(熊倉一雄)

画像


そしてメイドの『バニククー』さん

画像


彼女の名前を呼ぶと

画像


馬が暴れますf^_^;)

画像


画像


おじいさんの本を参考にモンスターを生み出しちゃい

画像


大騒ぎ

なんせ、アイゴールが選んで来た肝心んの頭の中身は

画像


で大変なことになりましたが

モンスターに自分の脳の一部を分け与え賢くして一件落着(^_-)

画像


博士も助手のテリー・ガーと結婚

画像


でも、彼女には気になる事があるようで

博士に聞きます。

「あの時の手術についてでどうしても一つ聞きたいことがあるの」

「二人で部品を交換したわよね?
彼の方はあなたの脳を分けてもらったでしょ、あなたは彼の何をもらったの?」

の問いかけに、ニンマリf^_^;)

画像


メラメラで!!

「こ~れでおしまい!!」

画像


めでたしめでたし(^_-)

画像



劇場やDVDを観るのに基本は字幕派なんですが、ことジーン・ワイルダーとジャッキー・チェンに関しては吹替版がいいと思っております(^_-)

そんな、大好きな作品『ヤング・フランケンシュタイン』は今でも色あせることなく当時のように楽しめました。

画像


と言っても、
元々色はついてませんけどねf^_^;)

画像


吹替は付いてませんが、テリー・ガーさんは綺麗に見れますよ。

画像


ただ、モノクロのこの作品にBlu-ray迄必要かと問われれば?


こちらもお気に入りの『大陸横断超特急』でこちらは広川太一郎さんの吹替入りなんですがね。

画像





iPhoneからの投稿

この記事へのコメント

MP40
2014年03月11日 00:30
『大陸横断超特急』と『新シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険』のDVDは購入しておりますが、『ヤング・フランケンシュタイン』は未購入です。やっぱり吹き替えがあると、ついつい購入してしまうんです(*^^*)
でも『大陸横断超特急』の吹き替え中のピー音は頂けませんでしたね。
シュリぼん
2014年03月12日 09:29
MP40さん 私も『大陸横断超特急』『シャーロックホームズ』も好きな作品ですから吹替入りで発売されたときは嬉しくて買っちゃいましたf^_^;) しかし『大陸横断超特急』のピー音には気づきませんでしたf^_^;)
2014年03月12日 13:41
横から失礼します。
テレビ放送吹き替えを収録される最近、中には粗悪な音質の吹き替え音源で収録するメーカーも出てきました。
「キャノンボール」(かなり音質悪いです)や「ツインドラゴン」(初回放送を持っている方がいるにも関わらずカット版で音質が悪いなど)や「グーニーズ」がその例です。
シュリぼん
2014年03月12日 22:08
20の映画野郎さん 音声が悪いのは古い作品なので仕方が無いものだと思ってましたがそのせいだけでもないんですねf^_^;)

この記事へのトラックバック